仕事に飽きた社会人3年目は会社を辞めて良いのか?【原因次第】

仕事に飽きた社会人3年目は会社を辞めて良いのか?【原因次第】
かじうし
3年も働いていると仕事も飽きてつまらないしこれからどうしようかな…。辞めて転職しても良いのかな…。
社会人も3年目になってくると仕事にもとっくに慣れてつまらなくなってきますよね。

石の上にも三年とも言うくらいだから、他の会社に転職しても良いんじゃないかと悩み始めるタイミングだと思います。

しかし、仕事が飽きたから辞めるというのは割と危ない考えかなと。

この記事では、

  • 仕事に飽きた人は転職しても良いのか
  • 仕事に飽きてしまう原因と働き続けるリスク
  • 会社を辞めても良い人・悪い人
この部分にフォーカスしてお伝えしていきます。

私も社会人3年目で転職しましたが、同じように悩んでいる時期があったので、経験談と共に共有していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

仕事に飽きた社会人3年目でも会社を辞めて良いかは原因次第

仕事 飽きた 3年

社会人3年目で仕事に飽きたと言う理由で転職して良いかどうかは、

「仕事に飽きてしまった原因次第」

です。

仕事に飽きると言っても、人によって飽きた原因は全然違うので、その部分をまずはしっかり理解していく必要があります。

原因をちゃんと理解していないと、仮に会社を辞めた後も同じように悩んでしまう可能性が高いので危険です。

また、入社した頃は仕事に飽きるなんて考えていなかったと思うんですね。

だからこそ、3年という1つの節目で振り返りをして、

これからの自分を大きく成長させられるように問題点を洗い出すことも大切です。

仕事に3年で飽きてしまう原因

仕事 飽きる 原因

仕事を3年も続けていれば飽きてしまうこともあり得ますが、その原因は大きく分けて3つあります。

  1. 入社からほとんど同じ仕事をしているから
  2. 自分に合っていない仕事をしているから
  3. 同期や同僚との実力差もほとんど分かるから
それぞれ詳しく見ていきましょう。

①入社からほとんど同じ仕事をしているから

入社してからずっと同じ仕事をこなしていませんか?

3年間も同じ仕事を任されているのは流石に飽きてしまいますよね…。

普通であれば3年の間に様々な経験をします。

しかし、同じ仕事のまま変わらないというのは入社した頃からほとんど何も成長していないということです。

3年って結構長い時間なので、この期間で経験が積めないのは正直痛いです。

特に大企業のような、10年ぐらいのスパンで社員を1人前に育てるような会社はこの傾向が強いですね。

3年ぐらいだったら普通に同じ仕事を与えますから。

②自分に合っていない仕事をしているから

仕事に飽きてしまう原因として、自分に合っていない仕事をし続けている可能性があります。

自分に合っていればそれなりに楽しいですし成果も出せるので、つまらなく感じることはあまり無いんですが、

そもそも自分の不得意な領域で仕事をしている人は飽きてしまう傾向に。

これは就職活動の時点で会社とのミスマッチが起きている可能性が高いです。

ですが、そんな中で3年も仕事を続けたのは普通に凄いことです、辞めてしまう人は1年ぐらいでも普通に辞めますからね。

しかし、将来の事を考えれば、今の内に自分にとって適切な環境に身を置くことの方が大切かなと。

③同期や同僚との実力差もほとんど分かるから

3年も仕事をしていれば、周りと比べて自分がどれくらい仕事できるのか何となく分かりますよね。

実力差が離れてしまうと仕事に飽きてしまう原因になります。

例えば、会社の同期と同じくらいのレベルなら、ライバル視しながら切磋琢磨出来ます。

ですが、相手の方が仕事出来たりとか、逆に自分の方が仕事出来てしまうと仕事自体がつまらなくなってしまいます。

全く同じぐらいのレベルになることはほとんど無いんですが、3年も働いていれば自然と差が開いてくるので、

その現実を考えた時に仕事がつまらなくなって飽きてしまう人は多いのかなと。

仕事に飽きたから会社を辞めても良い人

辞めても良い人

会社を辞めても良い人は「②」の人です。

なぜなら、適性の無い仕事を続けても自分が不幸になるから。

仕事が楽しく感じるかどうかには適性が関係していて、つまらない仕事を楽しくしようとするのは不可能に近いのかなと。

1年程度なら仕事の全体像も分かっていない状態ですし、楽しく感じなくても仕方ないと思いますが、

3年も仕事を続けていてもつまらないと感じるのは明らかに適性が無いでしょう。

更にそういう人の特徴としては、就職活動時にミスマッチした会社に入っていることが多く、

自分自身をしっかり理解できていなかったことが挙げられます。

第一志望の会社に行けなくて渋々他の会社に入社している人も多いですし、

その状態で辞めるなと言うのは根性論に近いので私は言いません。

むしろ、自分が幸せになれるように転職するのは正しい判断だと思います。

私も就職活動では失敗しているので…。

やり直しの為に行動するのは間違いでは無いと言えます。

仕事に飽きても会社を辞めてはいけない人

辞めてはいけない人

逆に「①と③」の人は会社を無理に辞める必要は無いでしょう。

それは今の会社に居続けてもメリットがあるからです。

①に関して、入社から同じ仕事をしている人はこれから部署異動などで別の仕事に就くこともあるでしょう。

人数的な関係で今まで動けなかった可能性もありますし、

そもそも最初の時点で会社は3年ぐらいは同じ仕事をさせる気だったのかもしれませんから。

仕事内容自体が変われば、飽きるという悩みからは解消されるので、また違った生活になりますからね。

③に関しては、周りとの実力差についても焦って辞める必要はなく、

仮につまらない仕事でも自分の方が仕事が出来るのであれば出世できる可能性は上がります。

逆に自分は仕事が出来なくても会社に居れば給料は貰えるので、貯金しながらじっくり新しい仕事について考えることも出来ますよね。

その内に辞めるにせよ、そこまで焦って考える必要は無いですよ。

つまらないと感じながら仕事を続けるリスク

仕事 つまらない リスク

しかし、つまらなくて飽きてしまった仕事を続けるリスクも存在します。

昔と違って今は市場価値の社会になってきています。

経験を積んでキャリアアップするには、1つの会社に居続けるよりも、

転職して色んな会社を経験した方が効率的な部分が多いので、

リスクをしっかり理解しておくことはこれからの仕事においても大切です。

成長しなくなる

飽きてつまらないと思っている仕事を嫌々続けても成長には繋がりません。

仕事でも成果を上げている人の特徴はやはり、仕事が面白い・楽しいと感じていることです。

この気持ちが無い状態で無理やり続けても、成長することは出来ませんし、時間を無駄にしてしまいます。

幸いなことに給料はしっかり払われるので、給料の為に働いている人はいますが、

そのままだと成長も感じられず延々と働き続けることになってしまいます…。

もっとやりがいのあって給料も貰える仕事を選ぶ方が人生も豊かになるのは間違いないでしょう。

職場の人間関係も悪くなる

仕事をつまらないと思っていることはなんとなく職場の人も分かります。

仕事に飽きてやる気のない人と一緒に働くのはやっぱり難しいですよね。

コミュニケーションも取りづらくなりますし。

職場の雰囲気も悪くなるので、そんな状況で自分も働き続けないといけません。

更に他の部署にまで広がってしまう可能性もあるのが怖いところで、

そういう噂が流れればその会社で働くこと自体が難しくなっていきます。

会社の辞める理由の1位が「人間関係」と言うくらいですから、遅かれ早かれ辞めることになってしまいそうです…。

ストレスを抱えてしまう

人はつまらないと感じること自体がストレスを感じます。

つまらない仕事をしているとイライラしてきませんか?

そういうのが積み重なっていくと、うつ病のような大きな病気になりかねないので本当に危ないです。

仕事に飽きたこととは別に、ストレスとも戦っていかないといけないのはかなり大変かなと…。

ストレスは社会人の敵でもあるので、働けなくなる前に対策をする必要があるんですね。

社会人3年目にもなるとみんな同じように悩んでいる

社会人3年目 悩み

3年も同じ仕事をしていると、周りの人も同じ悩みを抱えていることが多いです。

統計データによると、3年以内に会社を辞める人の割合は大卒だけでも約30%とかなり大きな数字になっています。

高卒や専門卒を含めるとさらに大きな数字になりますから、3年を目途に転職を考える人は非常に多いということです。

もしかしたら、あなたの周りにも既に転職している人はいるんじゃないでしょうか。

仕事で悩みを抱える人は本当に多いですが、働いている環境はそれぞれ違うので、

仕事に飽きたからと言って転職することが絶対に正しいというのは断定できません。

そのまま働き続けるのも決して間違いではないですし、転職するのも間違いではありません。

だからこそ、一番は自分の意見を大切にして欲しいなと考えています。

私は社会人3年目で製造業からIT企業に転職しましたが、今の仕事は飽きることも無くむしろ楽しいなと感じています。

もちろん、前の会社では仕事にも飽きていましたし、転職して良いのかどうか悩んでいましたが、

結局会社を辞めて良かったと感じたので、私の場合は成功だったと思います。

前の会社で働いている同期はいますが、彼らは楽しんで仕事しているのでそれは良いことだとも思っています。

だって仕事の悩みを抱えていないんですから。

悩みを解決するために行動するのは普通の事なので、現時点で悩みを抱えているなら、

自分のこれからの為に行動することは大切だということはお伝えしたいなと。

まとめ:将来を見据えた選択をすることが重要

仕事が飽きたという理由で転職して良いかどうかは飽きてしまった原因によります。

しかし、人生はまだまだこれから長いので、自分が幸せだと感じられる道を進むべきだと私は思います。

つまらないと思いながら仕事を続けるのは苦痛ですし、

克服できる目途が立たないのであれば、思い切って行動してみるのも良いでしょう。

もちろん、今の会社に残る選択肢も間違いではありませんよ。

自分の人生は自分で切り開くものですから、後悔の無いように今を全力で生きて欲しいなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!かじうしと言います! このブログでは、 「人生は自分で舵を取る」 ということをモットーに自分の体験から、ブログ・仕事・ライフハックの知識をお届け! ・これからブログ始めたい ・今から転職で悩んでいる ・お得な生活情報を知りたい こういった人には参考になるブログ記事を置いてあります! ぜひご覧になって下さい! ツイッターではブログに書いていないような有益情報を流しているので、ぜひフォローお願いします!