【転職と副業のかけ算】購入記念にレビューとmotoさんについて書きます。

転職と副業のかけ算

時代は平成から令和に移り変わり、色々な社会情勢が変わってきましたね。

 

  • 終身雇用制度の崩壊が危惧されている
  • 今の若年層が年金を将来貰えるか分からない
  • 税金の増税がある etc…

 

もともと平成から言われていたことですが、令和になるのと同時に、一気に表面に現れてきたような感じです。そんな中で、時代の変化に私たちも徐々についていかなければなりません。

私は将来について考える時間を作っているんですが、

 

「サラリーマンをただ続けていれば、この先もずっと大丈夫なのかな?」

 

そういった不安が結構あるので、今のうちに色んな本を読んで知識を得る努力をしています。

将来、自分が安心して暮らせるように有益な知識や情報をインプットして、それをアウトプットして身体に覚えさせていくことが、生きていく上で大切だと私は考えています。

話は変わりますが、今回はツイッター上で非常に有名な方である、motoさん(@moto_recruit)が書かれたこの本をレビューします!

実際、読み終わった感想としては、

 

「これからはこういう考え方で働くのが時代にマッチしているな」

 

と心が少し揺さぶられたような感じを覚えました。

  • 転職や副業をすることで何を得られるのか
  • 個人で稼ぐ力を身につける重要性とは何か
  • 令和ではどういった働き方が求められるか

 

こういった、働き方の深い部分まで知りたいと考えている方には是非オススメします!

 

 

motoさんとは一体何者なのか?

 

motoさんは「インフルエンサー」であり、ツイッター上で非常に有名になっている方です。

フォロワーの数は60000人を超えており、積極的に有益な情報を発信しています。

 

インフルエンサーは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。

引用:インフルエンサーとは(wikipedia)

 

要するに、メディア上で非常に影響力を持っているという感じです。活動場所はツイッターが主ですが、転職アンテナというブログも展開しています。

こんなにフォロワーがいるって純粋に考えて凄くないですか?普通にツイッターを運用しているだけでは、こんなにフォロワーの数は増えないですよね。

この背景にはmotoさんの経歴や、実体験に基づく有益な情報に共感する人が多いからだと思います。私もmotoさんをフォローさせて頂いていますが、ツイートの内容はいつも勉強になります!

次にキャリアですが、短大卒で転職を4回しており、

 

【本業1000万+副業4000万=年収5000万】

 

普通の人では到底稼ぐ事の出来ない金額を得ているというものすごい方です!

しかも、地方ホームセンター(年収240万)からキャリアをスタートさせたという所にも驚きを隠せません!

約10年くらいで年収が20倍以上に跳ね上がっているので、学歴という肩書は関係なく、実力で稼いでいる人なんだなと思いました。

こういった背景も含めて本籍に載っているので、是非読んでみて下さい!

 

この本を読んで将来のビジョンが明確になった

この本を買った理由として、ツイッター上でmotoさんをフォローしていたのもありますし、リツイートで情報拡散されていたのもありますが、何よりもこの本のタイトルが、今後の時代のキャリアプランに必要になるだろうと思ったからです。

令和の時代は今までの働き方から一新されていくと踏んでいるので、この本のキャッチーなフレーズに心惹かれました。

実際に読んでみて、感じた点をピックアップしていきますね!

 

これからは企業に依存しない状態が求められる

これはまさにそう思わざるを得ない状況だと思います。

終身雇用の崩壊年金受給問題増税による弊害あたりを考えると、1つの会社に収入源を依存してしまう方がかえってリスクが高いのかなと感じます。サラリーマンの収入だけでは確実に耐えられなくなります。

今までは国や会社がサラリーマンをある程度守っていたので、本業だけに集中していれば稼ぎが無くなるという事はありませんでしたが、もうそういう時代ではなくなってしまったという事です。本当の意味で自立しなければなりません。

「これからはどうすればいいの?」

と感じてしまいますが、本籍では「サラリーマンの安定の定義」について書かれています。

 

どんな船でもいつ沈むか分からない現代では、それらを駆使して「いつでも乗り越えられる状態」にしておくことが大切です。

 

この部分はこれからの時代にマッチングしている考え方だと私は思いました。

 

キャリアに対する考え方を上司から市場価値へ

自分のキャリアに対して真剣に考えたことはありますか?

今までの一般的なキャリアモデルとしては、1つの会社で定年まで働き続けることで役職につけたり退職金が沢山貰えるというものでした。

この考え方には自分の能力だけではなくて、上司の評価も大きく影響してきます。たとえ、会社に非常に貢献したとしても、上司の評価が悪ければ査定は上がりません。それではあまりにも理不尽と言うものです。

しかし、今は考え方も変わってきています。

転職活動も活発になってきていることから、市場価値を上げていくことで自分のキャリアを形成するという考え方も生まれてきています。

 

自分のチャンスを掴むためのゴマすりは必要ですが、本質的には「自分で市場からの評価を上げていく」ことが重要です。

 

自分の市場価値を上げていくことで、社会に出ても通用するスキルや経験が身に付くということですね。結果的にはその方が色んな選択肢を持つことができるので、良い意味で生活が安定するでしょう。

 

自らアクションを起こす重要性

本籍では副業についても書いていますが、副業をすることは今の社会トレンドにもなっていますよね。

副業解禁し始める企業も増え始め、

「企業では定年まで責任持てないから、これからは自分の力でも稼いでくれ」

と言わんばかりの対応ですよね。企業に依存しないことと同義で、自分の力でビジネスを起こすという事も必要になっているという事です。

ですが、自分から何かアクションを起こすというのは思っている以上にエネルギーを使うものです。なので、積極的に行動している人は少ない傾向にあります。

 

何かしらの行動を起こさないことには、何も始まりません。稼ぎたいのであればアクションを起こすことです。

 

逆を言えば、自分からアクションを起こせばそれだけでかなり有利な状況に立てるという事です。アクションを起こす人自体が少ないのですから。

転職もそうですが、これからは副業も一般的になってくると私は感じています。そうなる前に一歩リードして行動する気にさせてくれるのが、本籍の良いところですよ!

 

まとめ

motoさんは非常に影響力があり、それでいて現代社会に一歩切り込んだ内容で情報発信している方です。

これからの働き方は着実に変化していくと思います。実際にiDeCo(個人型確定拠出年金)NISA(小額投資非課税制度)など、国や政府公認で動き出している部分も多いので、この流れに乗ることで自分の身を守ることにも繋がります。

今はあんまり将来のキャリアプランを考えていない人も、少し悩み始めている人も、今の生活に何が必要なのか考えることから始めるといいと思います。

この本はそういった方へ1つ勇気をくれる本だと私は思います。実際に私もこの本を読んで、自分のキャリアについて考えて行動することに決めました。

幸せを感じられるように、自分が正しいと思う方向へ人生の船を進めていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舵取り牛

管理人の牛丸です! このブログは、皆さんが自分の人生の舵をしっかりと取れるように、私自身が感じたり経験したことをありのままに書き綴る雑記ブログとなっています。 より良い人生が送れるよう、全員で色んな悩みを解決していきましょう!