残業が当たり前な職場はおかしい!早く抜け出さないといけない理由とは?【自分を大切に】

overtime-work-reason

残業が当たり前にある職場で働いて消耗していませんか?

そんな職場はさっさと辞めないと大変なことになります。

月間残業100時間の職場で働いていたことのある私が、その理由について今回はお話ししていきたいと思います。

この記事を読むと分かること
  • 残業が当たり前がヤバい理由
  • 残業が多いことによる弊害
  • 働き続ける以外に選択肢はある

残業を無くして、もっと気楽に生きていきましょう!

それではどうぞ!

残業が当たり前な会社にいてはいけない理由3つ

overwork-not1

残業があることがデフォルトの職場にいてはいけません。

何故なら理由が3つあります。

  • 心身共に疲弊する
  • 自分の時間を減らしている
  • 生産性が下がる

順に見ていきましょう。

心身共に追い込まれていくから

残業が当たり前だと、自分では意識しない内に心身共に消耗していきます。

そもそも、残業が当たり前な職場は長時間残業も当たり前の傾向が多いです。

最悪の場合、うつ病のような状況にもなりかねません。

再起することが難しくなるので、そうなる前に職場を変えるべき。

会社に期待するのは、いつ改善されるか見当が付かないので止めましょう。

自分の時間を減らしているから

残業は自分の時間を無意識に減らしています。

時たまに残業するくらいなら問題ありませんが、残業が当たり前の職場だとそうはいきません。

1日1時間の強制残業なら、1か月で20時間も会社に時間を割かれているわけです。

その20時間で何が出来ますか?

もっと有意義な時間を過ごせるはずです。

労働の生産性がむしろ下がるから

残業したから労働の生産性が上がると思われがちですが逆です、下がります。

残業がデフォルトであれば尚更で、本来なら8時間で終わる業務を9時間で終わる設定にしてしまうからですね。

結局、自分の仕事を遅くするだけなら、会社も無駄に残業代を払っているだけですし、

自分も無駄に時間を割いてるだけなので良いことがありません。

そういう環境が当たり前だと、こういった考えも麻痺してくるから怖いですよね。

残業が当たり前なのには原因がある

overwork-not2

残業が当たり前になってしまうのには原因があったりします。

この原因を把握しておけば、自分はどういう動きをすれば良いのか分かりますよ。

1人当たりの仕事量が多すぎる

人手不足が引き金となって、1人当たりの仕事量が過多になっているケースは多いです。

これは会社の労務管理に問題がありますね。

会社側が人手不足にならないように、先手を打って行動していくのは当たり前なので、

実際に足りなくなってから対応するのでは遅すぎます。

決して自分が悪いわけでは無いので責めないでください。

そういった会社はさっさと転職が吉です。

社会情勢に乗っかれていない時点で、成長が危ういかなと私は思います。

ビジネスモデル自体が残業して当たり前になっている

ビジネスモデル上、残業が当たり前になっていることもあります。

  • 不動産会社
  • 証券会社
  • コンサル会社
  • トラックドライバー etc…

こういった仕事は残業が慢性化しやすいケースが多いので、注意が必要です。

恐らくこういった仕事に就いている人は残業の事もあらかじめ考慮していると思いますが、

それでもキツいのであれば、転職するのも1つです。

そう思ってしまう会社で働いていても、良いパフォーマンスは発揮できないですから。

自分の仕事のやり方が悪い

自分の仕事のやり方が原因で残業しているケースもあります。

これに関しては、自分で改善するように心掛けましょう。

自分が直して残業が無くなるなら、それに越したことは無いですよね。

仮に、自分が残業しないような働き方にしても残業が発生するのであれば、転職するのがコスパ良いです。

そういった仕事のやり方が出来るなら、他の会社に行っても問題なく働けますよ。

上司や職場の雰囲気にも注意

overwork-not3

周りの環境って凄く大切で、この環境が悪いとどうしようもない場合があります。

何故なら、個人の力で大勢を変えていくというのは難しいから。

皆さんの職場はどうでしょうか?

上司が残業を積極的に推奨している

上司が残業に寛容な職場は考え物ですね。

自分が昔はバリバリ残業して成果を上げてきたとか、そもそも残業前提の仕事量を振っているのか。

そういう考えを持った上司に当たると、残業前提で仕事をしなければなりません。

上司ガチャはハズレることありますからね。私も新卒配属された部署は正直ハズレでしたw

そんな場合は、部署移動を試みるか、辞令まで待つか、転職するかの3択でしょう。

多少の我慢ができるならまだ継続する価値がありますが、本当につらいようなら休職するなりして転職活動しましょう。

職場が残業しないといけないみたいな雰囲気になっている

定時で上がろうとすると、

「あれ、もう帰るの?」

「ちゃんと仕事終わったのか?」

みたいな声が出てくる職場ありますよね。

そんな職場は早く辞めましょう!

職場全体で残業が当たり前みたいな感じだと、自分が経営者でもない限りは直すのは不可能です。

他力本願ではなく、自分で対策していかないとどんどん沼にハマっていきますよ。

「この職場っておかしいよね?」

こういった気持ちは大概合っているものです、無くさないように大切にして下さい。

【関連記事】社会人3年目で転職活動をしたきっかけはキャリアプランが原因だった!

日本には400万社以上の会社がある

overwork-not4

日本には会社が約400万社あると言われています。

こんなに会社があるのに、1つの会社に固執する必要性があるんでしょうか?

以前の日本は、

  • 終身雇用
  • 年功序列
  • 高度経済成長

こういった背景があったから、1つの会社で働き続けるのが当たり前でした。

むしろ、その方が自分も得しますからね!

でも、今は違います。

日本自体の成長が低迷し、こういった制度はどんどん崩壊してきています。

社会全体が変化するように私たちも変化しなければなりません。

今では、転職が当たり前になっているからこそ、自分から積極的に動かないといけないんです。

私も転職する前は非常に悩んでいましたが、実際に転職した自分が良しとする環境に近づくことが出来ました。

これは私以外にも言えることなので、転職するか迷っているならするべきだと、胸を張ってオススメできます。

【関連記事】休日出勤が当たり前なのはおかしいから迷わず転職した方が絶対良い!【何の為に生きるのか】

残業の無い職場は山ほどあるって話

overwork-not5

自分が思っている以上に、残業が無い職場と言うのはあります。

『隣の芝が青く見える』

って聞くことが多いかもしれませんが、結構ありますよ本当に。

なってみないと分からないことも多いので、今の職場に嫌気が差しているのであれば転職はすべきです。

ただし、自分でやれることはしっかりしてからにしてほしいなと思います。

転職してから、

「前の職場の方が良かったな…。」

みたいなことになる人もいるので。

過去を振り返ることのないように、今やれることは全力でやっていきましょう!

それでもダメなら、転職に乗り出しても全然おかしくありません。

社会人生活は思った以上に長いですから、後悔しないようにしていきたいですね。

【関連記事】リクルートエージェントの評判ってどう?実際に使ってまとめてみた【非公開求人数最多】

【関連記事】ワークポートは未経験転職の味方! IT・WEB系を狙うなら使わなきゃ損!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!舵取り牛と言います! このブログでは、「人生は自分で舵を取る」ということをモットーに、 生活に役立つ情報や、実体験からブログ・仕事・マインド関係 の知識もアウトプットしています! 人生一度切りです。自分の好きなように生きていきませんか?