【ラーメン二郎】汁なしは本当に美味しいのか?検証してみた結果!

ラーメン二郎横浜関内店

二郎系ラーメンって言葉を聞いたことがある方いらっしゃいますか?凄く有名なフレーズがあるんですが、

「ニンニク入れますか?」

の元祖となったお店が二郎と呼ばれるラーメン屋さんです。

簡単に説明すると、並盛でも普通のラーメンの大盛りクラスの量があり、金額もかなり安く提供してくれるのが人気の秘訣でもあります。

ラーメンが出来上がる前に上記のフレーズを店員さんが言うので、そこでトッピングの増量を伝える感じです。トッピングの種類は

  • ヤサイ
  • ニンニク
  • アブラ
  • カラメ

 

の4種類で、全て無料で増やすことが出来ます。

値段やボリュームを考慮してみても非常にコスパが良いと言いますか、むしろ量が多すぎて食べきれない人も出てくるくらいなので、食べる際はしっかりお腹を空かせてからいきましょうね!

 

ラーメン二郎の原点

ラーメン二郎の本店は東京の三田にあり、そこで修業を積んで認められた人が二郎の看板を持って自分のお店を持つことが出来るのです。三田店からのれん分けしたお店の事を直系と呼びます。

そこで本題に入りますが、二郎の直系と呼ばれるお店の中に「汁なしラーメン」を提供しているお店が何店舗かあるので、そこに行ってきました!汁なしラーメンとは名前の通り汁が無く、秘伝のタレと麺をかき混ぜて食べるスタイルです。油そばと似たような感じですね。

どれくらい美味しいのか、今回は自分の足で行って確かめてきたので詳細をお伝えしていきます!

 

ラーメン二郎 横浜関内店

ラーメン二郎横浜関内店

JR根岸線の関内駅から徒歩10分くらいの所にお店を構えるのが、この横浜関内店です。

横浜関内店では、普通のラーメンよりも汁なしラーメンの方が人気があると言われています。実際に周りのお客さんの食べているラーメンを見ていると、8割ぐらいの方が汁なしをチョイスしていたように見えました。

今回は小ラーメン(690円)に汁なし(80円)とニラキムチ(80円)を有料でトッピングしました!コールはニンニクアブラカラメでお願いしてみたところ、写真のような綺麗なラーメンが出てきます。

チャーシューはのの字型のものが2枚乗っていて、これもまたやみつきになってしまう味でした。ホロホロとした肉感と脂身の部分が上手く重なっていて、今でも味を思い出してしまいます。

早速食べてみたところ、麺がかなりコシがあってツルツルな様子で、あまりタレと絡まらないのかと思っていたんですが、そんなことはありませんでした。絶妙なタレと麺のコラボレーションが美味しくて、5分くらいであっさり完食してしまった記憶がありますw

有料トッピングのニラキムチは関内店オリジナルのもので、これもまた汁なしラーメンとマッチングするんです!ただ味が結構変わるので、後の方で混ぜ合わせた方が2度楽しめるかと思います。

卓上にはブラックペッパーや七味唐辛子が置いてあるので、お好みで振りかけて食べても美味しいですよ。

 

ラーメン二郎 めじろ台店

ラーメン二郎めじろ台店

京王線のめじろ台駅というところからバスで10~15分くらいで辿り着けるのが、ラーメン二郎めじろ台店です。

この店の特徴は、アブラを注文すると味付けアブラが乗ってくることです。写真の通り、色は茶色がかっていて、タレが染み込んだインパクトのある味に仕上がっています。

更にここの麺はかなりモッチリしていて、タレとの絡みが非常に良いです。ワシワシと沢山掴んで豪快に食べるのが最高ですよ。

今回は小ラーメン(700円)に汁なし(100円)トッピングして食べてみました。無料トッピングはニンニクアブラカラメといつもと同じコールで頂きます。

関内二郎と違って麺の量が多く、ゴワゴワと重い印象を受けましたが、味はまた格別なものでしっかり完食してしまいました。途中で少しキツくなってしまったのは内緒でお願いしますw

このお店の近くには大学があり、そこの学生さんと思われる方々が多く見受けられました。注文内容は普通のラーメンの人もいれば、汁なしの人もいたりとまばらな印象を受けました。ちなみに普通のラーメンの方は、醤油のキレのある味に仕上がっており、これもまた美味しいと評判です。

高尾山の近くにめじろ台駅はあるので、もしそちらの方へ行かれる際は時間が有ったら寄ってみると良いと思いますよ!

BooBoo太郎

ブーブー太郎

BooBoo太郎は千葉駅から徒歩15分くらいの所にあるラーメン屋さんです。

「あれっ、二郎じゃないの??」と思った方もいるかもしれませんが、ここの店主さんはラーメン二郎横浜関内店で修業を積まれた方で、開業して千葉県にお店を出したようです。

関内で修業を積んでいるからか、ラーメン自体も関内店のものに少し似ている感じで、男女問わず食べやすい仕上がりになっています。

お客さんは普通のラーメンを注文する方が多いように見られましたが、汁なしをチョイスする人も少なからずいました。一回食べるとやみつきになってしまうのが、このお店の汁なしなんです。

今回は小ラーメン(740円)に汁なし(100円)と粉チーズ(100円)をトッピングして頂きました。粉チーズが意外と汁なしにマッチして、濃厚な味へと変化します。

麺自体は関内店とめじろ台店のちょうど中間位のサイズや食べ応えで、初見の方でも安心して食べられる食感になっています。見た目は少し多いなと感じますが、食べ始めると美味しくてあっさりと食べれてしまいました。

 

まとめ

「二郎の汁なしってどうなの?」

という単純な疑問から、足を運んで食べてみましたが、正直今すぐにでもまた行きたいくらいめちゃくちゃ美味しかったですw

今回紹介した三店舗は総じて雰囲気も良く、美味しくラーメンを食べられるような環境が出来上がっていました。初めての方でも安心して食べられるのは凄くありがたいですよね!

もちろん、「量が多すぎて食べられないかも、、」という不安がある方でも、食券を出す際に麺を少な目と言えば普通のラーメンと同じくらいの量にしてくれるので、食べ残す心配もなく食べることが出来ます。

まだ、汁なしラーメンを食べた事がないと言う方は一回食べてみて下さい!世界が変わるくらい美味しいので、私は凄くオススメします!

それでは、皆さんのラーメンライフに幸がありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舵取り牛

管理人の牛丸です! このブログは、皆さんが自分の人生の舵をしっかりと取れるように、私自身が感じたり経験したことをありのままに書き綴る雑記ブログとなっています。 より良い人生が送れるよう、全員で色んな悩みを解決していきましょう!