工場勤務ってきついの?2年間の経験から仕事内容や待遇について語る!

工場勤務

「工場で働いてみたいけど、実際どうなんだろう」

「夜勤とかの勤務体制がきつくて身体がもたないかもしれない・・」

働き口を探す時に一度は目にしたことがありませんか?工場勤務の求人を。

色んな人と話してみて思うのは、実際に働いたことがなくても工場勤務が辛いという認識を持っていることです。

私は工場で2年ほど働いていた経験がありますが、実際にはメリットもデメリットもそれぞれあるというのを身を持って感じました。人によって感じ方は変わるので、経験してみないと分からない部分も多くあります。

工場で働いてみようか悩んでいる人がいれば、まずは自分に合っているかどうか確かめてからでも良いと思います。いきなり始めてキツいと感じる方が、よっぽど精神的に悪いと思うので!

それではいきましょう!

製造求人サイト☆リニューアル【お仕事情報ネット】

工場の勤務体制について

工場とは言っても、会社によって製造しているものが違うので一概には言えませんが、基本的には2交代制あるいは3交代制のシフトで働きます。

 

2交代制と3交代制って?
  • 2交代制→日勤と夜勤の2パターンで働くスタイル
  • 3交代制→朝勤・昼勤・夜勤の3パターンで働くスタイル

 

私は2社経験したことがありますが、どちらも食品関係の工場でした。工場の中も課が別れていて、その課によって2交代制か3交代制か別れていました。

そして、シフト制なので、働く時間帯もバラバラになることが結構多かったです。

 

2交代制と3交代制どっちが働きやすい?

個人的には3交代制の方が身体に負担がかからなくて無理なく働けましたね。というのも、3交代制だと残業がそこまで強いられることが少ないからです。

実働8時間で交代の人が来たらそこで作業終了だったので、基本的に残業せずに上がれました。1時間残業するのが珍しいくらいだったので、身体的には非常に楽だった印象があります。

逆に2交代制だと実働11時間だったので、3時間は確実に残業することになります。

「今日の仕事全然終わらないな~」

なんて思いながら働いてましたねw

しかし、身体的にはキツいかもしれませんが、その分残業代が支給されるので給料はそれなりに多く貰えました!

仕事した分の見返りがあったので、そこはモチベーションには繋がっていたと思います。

シフト制と土日休みの比較は止めましょう!メリットデメリットを理解して合う方を!

日勤と夜勤どっちが働きやすい?

働きやすさで言えば、日勤の方が生活リズムを崩さないで済むので、体調を心配している方にはオススメします。

しかしながら、日勤は1日の中でも作業が忙しくなることが多く、ライン作業はひっきりなしに動いてましたね。人員もそれだけ多く配置しているので何とかなってる感はありましたが、1人当たりの負担は大きいように思いました。

一方、夜勤は生活リズムが真逆になるので初めは起きるのがキツいですw

例えば21~9時のシフトだとすると、20時に起きるみたいな習慣になるので、お昼過ぎくらいには寝る訳です。普段はその時間にバリバリ起きてるわけなので、まぁ最初は寝れませんでしたw

ですが人間慣れるもので、何日か継続すると意外と起きれるようになるんですよ!

作業も夜は比較的まったりしている傾向があって、昼間に比べると圧倒的に作業は楽な印象でした。その代わり眠気も襲ってくるので、上手く対処しないといけなかったです。

 

業務内容はどうなっているの?

基本的にライン作業に入ることが殆どです。決まった作業を1~2時間くらい続けて、他の場所に移動するみたいな流れでした。

ライン作業は立ち仕事なので、ずっと立っているのは中々厳しいものがあります。足の裏が痛くなってきて、ストレッチしながらラインに立っていたこともありました。とは言え楽な場所もあったので、全部がきついかと言えば一概には言えないです。

作業自体は食品工場だったからか手作業の部分が多く、細かい仕事が多かったです。それでいて、コンベアのスピードが速すぎてついていけないこともありました。

短時間で大量生産するが故に、途中でラインを止められないという気持ちから急いで作業していましたが、それでもギリギリだったので毎回かなりシビアな戦いになっていました。

どこの工場でもそうだと思いますが、ラインは基本的に止めると出荷遅れの原因になるので、よっぽどのことが無いと止めないケースが殆どです。包材の切り替えの時でしかコンベアを止めるところを見た事ないですね、それくらいひっきりなしに動いてます。

 

工場勤務に向いている人・向いてない人

 

私自身、2年間の工場経験から思ったことは、工場勤務には向いている人と向いてない人が存在するという事です。

向いてる人がそれなりに努力すれば、工場の仕事自体は簡単に覚えられます。逆に向いてない人が努力しても、工場勤務自体に嫌気が差すかもしれません。

適性があるかどうか確かめてから決めた方が、理想と現実のギャップが少なくて落ち着いて働けると思うので、まずは自分がどっちに当てはまるのか考えてみましょう!

 

ルーティンワークを好む人

淡々と同じ作業をこなしたいという人は向いています。

ライン作業は基本的に同じ作業の繰り返しです。それも小さな作業なので、神経を使うことが多いです。

となると、同じことを繰り返すルーティンワークが良いという人にはもってこいの仕事となります。慣れてくると、頭で考えなくても身体が勝手に動く状態になるので、非常に楽なんですよね!

頭を使いすぎるとそれなりに疲労が溜まるけど、ライン作業だと疲れないという人も作業場には多くいました!

 

身長が低い人

身長が低い人はライン作業に向いています!というのは、ベルトコンベアーは女性向けにサイズが作られているので、身長が高すぎる人が作業すると足腰を痛めてしまう可能性があります。

私の場合はラインが低すぎて、場所によっては腰をかがめながら作業する場面もありました。そうすると、知らぬ間に身体へ余計な負荷がかかってしまうんですよね。

やっぱり周囲を見てみると、女性の方や身長が高くない人が多いようにも見えました。身体へのストレスフリーで働ける状態はかなり強いと思います。

 

対人関係に苦手意識がある人

仕事中は他人に干渉されずに、1人で黙々と作業したいという人には向いています!

工場勤務では、ラインに入ったら一人の作業になるのであんまり他の人と会話することがありません。

会話する場面を挙げるとすれば、事務所にいる時間帯ですかね。待機時間や休憩時間ぐらいのもので、作業中に話すことはあんまり無いと思います。

「無理にコミュニケーションを取ろうとして疲れてしまう」

みたいな状況はストレスに繋がるのであまり良くありません。対人関係で無理をしなくてもいいような職場は工場勤務には多いです。

製造求人サイト☆リニューアル【お仕事情報ネット】

同じことの繰り返しが苦手な人

ずっと同じ作業を続けるのが嫌いな人には工場勤務は向かないかもしれません。

ルーティンワークだと変化があまり無いので、飽きてしまうという人も多くいます。私も同じ作業を続けるのは苦手なタイプで、ライン作業も途中で集中が切れてしまうことが多かったです。

配置が変わって作業内容が変わっても、少し慣れたらそこから2時間くらい同じことを繰り返すので、工場勤務をするにあたってそういう場面に慣れないといけません。

 

成果や報酬が目に見える形で大きな仕事をしたい人

工場勤務は安定していると一般的には考えられていますが、その分、大きな仕事というのが出来ないデメリットもあります。

成果や報酬などのインセンティブも一切出ませんし、自分の目に見える形でやりがいのある大きな仕事がしたいという方には向いていないでしょう。

自分で積極的に仕事をこなしたいという場合は、ライン作業では叶えられないことが殆どです。

 

キャリアアップを考えている人

キャリアアップを考えているなら工場勤務はあんまりオススメしません。何故なら、数年働いた程度では待遇があんまり変わらないからです。

給料は安定して普通以上の水準で貰えることが多いですが、昇給や出世に関しては非常に緩やかなスピードで進んでいきます。

そうなると、待遇があんまり変わらないことをキッカケに、

「やりがいがないモチベーションが上がらない」

と言った状態になりかねません。

長年勤めるのを決めているのであれば耐えられるかもしれませんが、そうでない場合は自分のキャリアを考え直す必要もあるかもしれません。

 

まとめ

工場勤務に限らず、それぞれの仕事には向き不向きがあります。

今の仕事が向いてないと感じているのであれば、一回自分と向き合って本当に合っているものはなんなのか、考えることも大切なんじゃないでしょうか?

自分に向いている仕事をすれば、やりがいを見つけやすくしたりモチベーションを上げたりすることに繋がってきます。そうすれば自然と、仕事をするのがきついものではなくなってきますよ!

仕事がきついとは言っても、工場勤務には多くの需要があるのも事実。

今現在、工場勤務をしようか悩んでいる人がいれば自分自身とよく相談して下さい。大丈夫そうなら一歩踏み出して行動していきましょう!

製造求人サイト☆リニューアル【お仕事情報ネット】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舵取り牛

管理人の牛丸です! このブログは、皆さんが自分の人生の舵をしっかりと取れるように、私自身が感じたり経験したことをありのままに書き綴る雑記ブログとなっています。 より良い人生が送れるよう、全員で色んな悩みを解決していきましょう!