クレジットカードの案内バイトって実際どうなの?1年経験した元バイトが伝える!

クレジットカード

ご訪問ありがとうございます!舵取り牛です。(@kajitoriushi

色んなアルバイトってありますよね。私は学生時代色んなアルバイトをしてきましたが、結構目にする求人として、

「クレジットカードの案内受付」

見た事はないでしょうか?求人媒体にもよりますが、他の求人よりも時給が高く設定されているので、目に留まりやすいと思います。

なるべく高い時給で働こうと思って、実際に応募してみたら通過できたのでやってみたんですが、仕事内容は思っていたものと全く違ったんですねw

それでもやってみたら、1年くらいしっかり働くことが出来たので、今回はそのことについて深くお伝えしていこうと思います。クレジットカード案内に興味がある方は最後までご覧頂ければ、詳しく知ることが出来ると思うので、参考までに前書きしておきます。

 

この記事を読むべき人
  • クレジットカード受付のアルバイトの興味がある
  • 今現在色んな仕事について調べている
  • 教養として金融リテラシーを高めたい

 

それではどうぞご覧ください!

 

クレジットカード案内業務とは?

クレジットカード勧誘のことを基本的には指します。

私は初めて求人を見た時に、

「カウンターでクレジットカード希望者の入会受付をやるんだろうな~」

と思っていたんですが、実際やってみると少し違いました。それは、クレジットカード拡販のための勧誘業務も含まれているとのことでした。

「えっ、それは想像してたのと全然違うやん!!勧誘って結構大変って聞くし大丈夫かな、、、」

不安な点が多い中で、時給が高いから経験としてやっておこうかなと思い、実際に研修を受けて始めてみました。ですが、そう簡単な業務ではありませんでした。

しかし、時間が経つに連れて徐々に慣れてきました。そして、慣れる内にどんどん成約率も上がって仕事が楽しくなりました!

そういった部分が伝われば幸いです。

待遇について

私が採用されたのはクレジットカード会社で、某百貨店の中にあるカード部門での配属でした。メインカウンターには社員が常駐し、各フロアの特設カウンターにアルバイトやパートの方と社員が立って勧誘業務と入会受付を行う形です。

時給は?

時給は1200円~スタートで、勤務年数や実績に応じて少しづつ昇給していくような感じでした。ベテランパートさんの話では1500円を超えるとの話もあったので、アルバイトやパートでもそこまで貰えるんだと期待感も高まった記憶があります。

勤務時間は?

勤務はシフト制で、週3日以上勤務の1日3時間以上作業といった形ですね。

私の場合は当時学生で時間も作れたので問題ありませんでしたが、パートの方でも勤務が難しい方は社員の方に相談されていました。柔軟に対応してもらえるようで、そこら辺は融通が効きやすいイメージです。

残業についてもアルバイトやパートの方は一切ありませんでした。社員さんは最後のクローズ業務に少し残業する程度で、1時間もしてなかったと思います。

シフト制と土日休みの比較は止めましょう!メリットデメリットを理解して合う方を!

その他福利厚生

そしてなんと、有給休暇もバッチリもらえます!これには正直驚きました。社員ではなくても月に1日以上は有給休暇消化させてもらえたので、不満な点を感じなかったです。

他のバイトでは使えたとしても退職する時だけ~とかの場合が多かったので、自由に使えるのは本当にありがたかったです。

他にも、

  • 通勤手当が満額支給
  • 社員食堂も格安で利用出来る
  • 百貨店の社内販売も格安で利用出来る etc…

 

環境に関して本当に素晴らしく恵まれているなと感じました。

 

クレジットカード案内の流れとは?

実際にどんな仕事環境なのか分かったところで、本題の仕事内容に入っていきます。

正直なところ、仕事内容に関して合う合わないはかなり個人差があると思います。入社してすぐに辞めてしまう人もいれば、ずっと継続してお仕事されている人もいるので、経験してみるのが一番理解が早いのかもしれません。

ですが、その前に知識を備えておくことは検討する上で役に立つので、頭の片隅に入れておきましょう。

基本的には立ち仕事

基本はブースにて立ちながら勧誘を行います。チラシやキャンペーンの立て看板を背景にお客様に説明するような感じです。

無事にお客様がクレジットカードを作りたい!となったら、テーブルに移動して入会手続きを行います。このタイミングでやっと座れるので、勧誘が上手な方は座れる機会が多かったりしますw

ちなみにキャンペーン内容は頻繁に変わることが多く、比べてみるとお得な時期とそうでない時期があります。

「~円分のポイント付与!」 

「~円分のクーポン差し上げます!」

金額の部分は若干変化するので、なるべくお得な時期入るのをオススメしてあげるのも良好な接客に繋がるのかもしれません。

服装は勤務場所次第

私は百貨店での仕事だったので、スーツ着用が決められていました。ですが、ショッピングモールやアウトレットなんかでの仕事となると、もう少しラフな格好になりますね。

要はお店の雰囲気によって服装も変化するイメージです。お客様の層も変わってくるのでなるべく違和感のないような服装が求められます。

特設ブースにて勧誘する

基本はブース付近にて勧誘業務となりますが、人の出入りが少なかったりするとフロア巡回もしていました。

時には買い物中のお客様に直接話しかけて承諾を得てくるベテランの方もいて、そういった方は数字に貢献するエースとして期待感を持たれていました。

実際はそこまでする必要はなく、ブース待機で問題ありません。フロア巡回もどこにお客様がいるのか把握するために行われます。

入会希望者の入会受付

入会希望のお客様がいらしたら入会手続きを実際に行います。

書類に必要事項を記入して頂いて、口座振替の登録、重要事項の説明、お見送りという形になります。

カードの内容や書類の書き方は入社時の研修でしっかり教わるので、問題なく作業できるかと思います。しかし、初めての方は緊張して作業ミスが出たりすることもあるので、近くの社員さんやベテランの方に付いて貰いましょう。

クローズ作業

最後にクローズ作業ですが、お客様をしっかりとお見送りするまでが一連の流れになります。

このお見送りをしっかりとすることで、

 

  • その会社のクレジットカードをなるべく使いたくなる
  • 入会後のクレームが発生しにくくなる
  • 書類の持ち帰りだけのお客様も入会したくなる

 

こういった効果が得られます。

クレジットカードも本当に色んな種類がありますから、その中の1つとしてお客様に利用して頂くには、こういった丁寧な接客や対応が他社との差別化に繋がってくるんですね。

 

クレジットカード案内の注意点

クレジットカードは金融商品にあたり、案内において非常に厳しく規制がされています。

何故なら、金融機関はお客様との信頼関係を第一にしているからです。そうでないとクレジットカードを発行できませんよね?

そこをまずは理解して、ルールについてしっかりと学んでいきましょう。

無理な勧誘は絶対にしない

セールス活動全般において言えることですが、無理な勧誘は絶対に止めましょう!

特にクレジットカードに関しては金銭を取り扱うので、非常にデリケートな部分になります。ここをしっかり守らないと大きな問題になってしまいます。

更に、強引な勧誘をして入会してもらったとしても、継続的に利用してもらえるかと言われたら難しいでしょう。すぐに解約されてしまって、お客様のクレジットヒストリーに傷が付いたり会社の信用も落ちてしまいます。

目先の利益だけを見て、今後に繋がらない営業活動はしないように心掛けたいですね。

クレジットヒストリー:(通称クレヒス)

クレジットカードやローンの利用履歴のこと。申し込み情報や返済状況、債務整理や金融事故情報など細かい部分まで記録されている。

引用:JCBカード

お客様情報を社外に持ち出さない

これも当たり前ですが、顧客情報を社外に持ち出すことは禁じられています。

クレジットカード作成に当たって、個人情報を書類に記入してもらいますが、接客すれば必ずお客様の情報を目にすることになります。

「あのお客様、○○会社の社長さんだって~!?」 

「今のお客様年収が2000万円超えてましたよ!」

このようにうっかり口にしないように注意しましょう。

環境に合わせた立ち振る舞いを

これはどこで案内するかによりますが、環境によって自分の立ち振る舞いも変えていかなければなりません。

私の場合は百貨店の中での案内だったので、お客様も品のある方が多くいらっしゃいました。敬語を使うのは当然ですが、普通の敬語よりも堅めの口調を求められました。そうしなければ、百貨店の接客というイメージを崩しかねないからです。

ショッピングモールなどではそこまで求められないと思いますが、それでも金融機関を代表して接客するので、環境に合った適切な対応をする必要があります。

 

クレジットカード案内ってきついの?

「クレジットカードの勧誘ってノルマあってきついんじゃない?」

「誰も相手にしてくれなくて仕事自体がつらそう」

そんな言葉が聞こえてきそうな予感がしますが、私が実際に経験したことを公開したいと思います!

個人差があるというのは前提ですが、結論から言うと、私自身はそこまで苦痛を感じたことはありませんでした!

努力目標である入会件数のノルマ

やはりセールス活動と切り離せない言葉は「ノルマ」ですよね。

クレジットカードの勧誘ってノルマがあると思いますか?実際、ノルマは努力目標のことで、達成しないからと言って解雇になったり、減給されたりすることはありません。

私の勤務していた会社では、ノルマに関して全くきつくありませんでしたし、むしろ皆一丸となって頑張ろう!的な風潮が強かったので、プレッシャーを感じずに働くことが出来ました。

個人戦というよりはチーム戦と言った方が良いですね。フロアごとに人数もまばらでしたが、最終的な数字は事務所でまとめる感じなので、全体で一つの数字を追っていく形です。

こういった雰囲気の方が各々が実力を発揮しやすいのかなとも感じました。

始めたころは上手く話せなくてつまらない

採用されてから初めの3か月くらいまではあんまり新規獲得が出来ませんでした。

勧誘業務はどうしても経験を積まないと実績に反映されない部分が強く、始めたての頃からバンバン数字を取れるのは本当にごく一部の優れた人か、営業経験のある人ぐらいのものでした。

周りの人は数字を取れるのに、自分はなんで取れないのか考えることに精いっぱいで、仕事を辞めようかと考えたこともありました。

ですが、我慢して続けている内に、少しずつ成果が目に見えるように。

経験を重ねると一日に2~3件以上は新規顧客を獲得できる!

仕事を始めてから約半年ぐらいでしょうか。安定して1日に2~3件の新規顧客を獲得することが出来るようになりました。

出来るようになった理由としては、ベテランの方の接客を近くで見るように心掛けたからだと思っていて、とにかく真似してみよう!と考えたからでした。

「真似することは上達の秘訣」と言われているように、自分より上の人を見ながら何が自分には足りないのか考えることで、少しづつそれを足していきました。

具体的には、

  • 相手の話をしっかりと聞くこと
  • ニーズに合わせた提案が出来ること
  • 決して営業トーク全開の会話はしない

 

この3点がセールス活動に共通していることだったので、この部分を徹底的に真似しました。

その結果、1日0件だった初めに比べて2~3件は確実に数字を出せるようになった経緯です。

営業が嫌いから好きになるコツ!ルートと個人営業両方の経験者が語る。

仕事が合う合わないは人それぞれ

仕事も星の数ほどありますから、自分に合わない仕事を続けても無駄に消耗するだけかもしれません。

自分に合うと感じれば継続していけば必ず結果も付いてきます。逆に、合わないと薄々感じながら仕事すれば結果は思うように付いてきません。

まずは自分を信じてやってみるというのが大切です。それでも心が付いていかないとなれば、他の仕事を検討しても良いかと思います。

経験しないと分からないことは沢山あります。情報や噂に流されずに、本当に自分が気になることがあれば積極的に行動するのをオススメします。やってから次の事は考えれば良いですからね!

工場勤務ってきついの?2年間の経験から仕事内容や待遇について語る!

 

クレジットカード案内のコツとは?

案内の仕方によっても成約率は変わってきます。

一生懸命説明してお客様が入会してくれた時には、一番のやりがいを感じます!

自分とお客様、貴重な時間を割いてお話ししているので、お互いに納得のいく商談にしたいですよね!その為にも、コツの部分をしっかり押さえていきましょう!

お客様のニーズを第一に

まずは相手の話を聞いて、この商品が本当に適しているのか判断していきましょう。

 

  • どういった理由でこのカードが必要なのか
  • 何故このタイミングで作ろうと思ったのか
  • このカードを使うことによってちゃんとメリットはあるのか

 

相手に合わないものをオススメしても、結局は使われずじまいなこともあります。

そうならないようにするには相手のニーズを確実にヒアリングすること。これに尽きます。

お客様は3つの属性に分かれる

お客様は基本的に3つの分類に分けることが出来ます。

 

  1. 情報なども精査済で今すぐに入会したい方
  2. 作ろうか迷っているor話だけ聞いてみたい方
  3. 全く興味がない方

 

この中で入会に繋がるのは1と2です。3の場合は正直かなり厳しいですし、クレームに繋がる可能性も高くなるので、話だけにした方が無難です。

1の場合は自然と入ってくれる可能性が高いです。問題は2の場合。

2の人を成約に繋げることが出来るかどうかがこの仕事の大部分を占めます。

会話の中でどこに分類出来るかは分かると思います。話の食いつき方も全く違うので、まずは会話に集中してみましょう。お客様を分析してカテゴリーに分けることが最初の入り口です。

営業トーク全開では入会してくれない

営業全開トークは相手が身構えてしまうので、成約に繋がらなくなります。

例えば、

「このカードはポイント還元率○○%~で割引も使えるので、是非作りましょう!」

「このカードはお客様の生活スタイルにマッチしているので、ご検討してみてはいかがでしょうか?」

どっちの方が営業してるな~と思いますか?恐らく前者の方がガツガツした印象を持つかと思います。

最後の押しのトークという意味では前者も間違いでは無いですが、営業全開なのが相手に伝わると良くありません。なるべく相手に考えて貰う時間を作るのがコツです。

 

最後に

クレジットカードの案内業務についてなんとなく分かりましたか?

この仕事は結構ハードな印象を持たれがちですが、実際にやってみるとそんなにめちゃくちゃ難しいというわけではありません。

とりわけ最初の段階で成約に繋がらないので、すぐに辞めてしまう方が多いからそういったイメージに繋がってしまうのだと思います。

しかし、少しの間我慢してやってみれば自然とコツが掴めてきます。これだけは続けてみないと分からないので、最低でも3か月くらいは続けて欲しいです。

何事もそうかもしれませんが、慣れてくれば自ずと楽しくなってくるもの。まずは仕事が楽しい!と思えるところを目指してほしいなと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舵取り牛

管理人の牛丸です! このブログは、皆さんが自分の人生の舵をしっかりと取れるように、私自身が感じたり経験したことをありのままに書き綴る雑記ブログとなっています。 より良い人生が送れるよう、全員で色んな悩みを解決していきましょう!