≫【20代向け】私が利用したおすすめ転職エージェント5社+αを紹介!【初めての転職活動】

文字装飾ルールを学んで読みやすいブログへ!【3色がベスト】

color-decoration

記事を書く時に、文字の装飾を意識して書いていますか?

一生懸命書いても文章が見づらいと、ユーザーも読みたくなくなってしまうので、
ページから離れてしまいます。

今回は文字装飾のルールをお伝えしていきます。

基本は簡潔に分かりやすくするというのが、読みたくなるブログ記事の作り方です!

それではいきましょう!

この記事で分かること
  • 文字装飾のルール
  • 色の特徴
  • ブログを読むユーザーの心理

 

文字装飾は3色がベスト

color

文字の色使いに困っている人は、3色までに留めておきましょう。

何故なら、色を使いすぎると読者が混乱するからです。

あまりにも配色が多くて、読むのが嫌になることってありませんか?
書いている方も、何を伝えているのか分からなくなってしまうこともしばしば。

ブログの場合、テキストでの情報発信になります。

無駄な情報は省いていかないと、自分が伝えたい情報を正確に届けることが出来ません。

色の効果は自分が思っているよりも強いですよ。
自分が意識していないだけで、読んでいる人にはインパクトがあります。

読者になるべく集中して読んで貰うことが、ブログ記事の効果を上げるのに大切なことです。

シンプルな配色で読みやすくする

20記事以上書いて感じることですが、色がシンプルな記事の方が案外読まれたりするんですよね。

  • 基本は黒
  • マイナス強調なら赤
  • 「」内の強調は背景黄色

の3色くらいで十分だと思います。

この配色がベストとは言いませんが、使う色が少なくても情報は分かりやすく伝えられます。

文字装飾でそれ以上の色を使うと、情報の分かりやすさが薄れてしまうので、
なるべく無駄な色は使わないようにしましょう。

色を使うパターンを決めよう

自分の中で、

「この色はこういう表現で使おう」

「この言い回しはこの色にしよう」

みたいな感じで、パターンを作ってしまうのが効率良くブログ記事を執筆するコツです。

ブログを始めて間もない頃は、どの色を使うまで気が回らないですが、
書き慣れてくると、自分なりの表現が出来てくると思うので、使う色を固定していきます。

オススメは色んなブログを見て研究すること!

色んなブログを見るようにすれば、それなりに配色のパターンが掴めて来ると思いますよ。

自分なりの配色を考えてみましょう。

 

色の特徴を覚えよう

feature

色には心理効果があります。

要するに、色の種類によって、読み手に様々な印象を与えてしまうという事です。

上手なブロガーさんはこういったところも考えながら、
SEO対策もしつつ、文字装飾をしています。

なので、色それぞれの特徴を理解しておくことで、
ライティングで魅力的な文章に仕上げることが出来ます。

ざっくりですが、色の特徴を把握していきましょう!

寒色と暖色

寒色と暖色とは?

寒さや冷たさを感じさせる色を「寒色」、暖かさを感じさせる色を「暖色」といいます。
寒色は主に、青、青緑、青紫などが該当し、暖色は、赤、橙、黄色などが該当します。

引用:伝つくラボ

大きなくくりだとこの2種類があります。

寒色は、精神的に冷静な様子を漂わせます。
黒や青系統がこの部類に入り、感情を高まりを抑えて、集中して読んで貰えるような効果があります。

暖色は、気分が高揚しやすい色となっています。
赤系統がこの部類で、読者の心情に入り込み、印象に残りやすい効果があります。

この2色がメインになるので、使い分けながら読者を引き込む文章を作っていきます。

色ごとが持つイメージ

私が使っている、黒・赤・黄色の3色を例に挙げていきます。

  • 黒…デフォルトカラー、大人びた感じ
  • 赤…行動を促す、警告、注意喚起
  • 黄色…注目させる、明るく楽しい

こんな感じですね。

実際は他にも効果はありますが、ブログ記事としての効果なので簡潔にしてあります。

色が読者に感じさせるイメージを知っておくだけで、効果的なライティングが出来るようになります。

 

リンクは青色で統一する

link

リンクを表示する際は必ず青色で統一しましょう!

これに関しては、暗黙の了解というべきか、リンクは青色という感じがしませんか?w

実際にほとんどのブログやサイトでは、リンクは青色にしてあります。

しかし、たまにリンクが赤やオレンジのような、
一見リンクだと分からない色が使われていたりします。

これをしてしまうと、読者が怪しがってリンクを踏まないようになってしまいますよ!
せっかくリンクを設置しておいたのに、使われないのでは本末転倒です。

「青色=リンク先」

という風にブログの中では覚えておきましょう。

 

下線や太字の使い方

manual

結論としては、下線と太字に関しては使っても使わなくてもオッケーです。

しかし、使うのであれば、頻繁に使うのは避けましょう。

何故なら、使いすぎると見づらくなるからです。

下線は基本的にリンクに使いますね。
これがリンクだと分かりやすくするように青色以外でも強調する感じです。

太字はstrongタグとbタグと呼ばれる2種類があります。

前者は強調したい単語単位で使用していきます。
使いすぎると検索順位に悪い影響が出るようなので、SEO的にはあまり使いすぎない方が良いでしょう。
目安としては見出しにつき2~3回くらいまでがベスト!

後者は文章単位で使ってオッケーです。
検索結果に影響が出ないので、強調したい表現にはしっかり使っていきましょう。

 

文字装飾はシンプルイズベスト

simple

文字装飾はそんなに気合いを入れなくても大丈夫ですよw

気合いを入れてガツガツ装飾しても、かえって読みづらくなるので、シンプルを心掛けましょう!

シンプルであればユーザーも読みやすいので、ブログから離れることは少なくなってきます。
そうすれば、記事の最後まで読んで貰えることも増えてくるでしょう。

目に入る情報は、知らず知らずのうちに膨大なものになっていきます、

なので、少しでも記事に興味を持ってもらえるように、無駄な色覚情報は排除しましょう!

集中して読んで貰える環境を作ることで、それがPVやCVといった成果に繋がっていきますよ。

 

文字装飾 まとめ

ブログを読むユーザーは、基本的に文章の隅々まで見ることはありません。

あなたはどうですか?

色んなブログを見る時に詳細まで見るでしょうか。
恐らく見ないと思うんですよ。

サッと流し読みして、必要な情報が載っているところだけを入念に読むのが基本的なスタイルでしょう。

これは他の人も一緒で、必要な情報があるかどうかを探しているのです。

情報を探す中で、文字装飾のような印象に残りやすい部分は、
ユーザーにとってかえって邪魔になってしまいます。

なので、情報が探しやすくなるように、こちら側も配慮しながら記事を作成していきましょう!

以上、快適なブログライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

大卒で食品メーカーの営業職になったものの、ブラック過ぎた為に3年足らずで転職。 今はホワイトIT企業でマーケティングの一貫としてweb広告を運用しています。 リモートワーク中なのでのんびり部屋で仕事しつつ、ゴロゴロしてるのは内緒ね← このブログでは社会人3年目で未経験転職をした体験談をベースに、20代のキャリアについて情報発信しています。 「自分の人生は自分で舵を取る!」 そんな思いをモットーに皆さんの社会人生活を応援中!