≫【20代向け】私が利用したおすすめ転職エージェント5社+αを紹介!【初めての転職活動】

【重要】ブログ記事のタイトルは付け方が全て?読まれるコツ9選!

blog-title
かじうし
ブログ記事のタイトルが上手く付けれない…。

何となくタイトルが大切なのは分かってるけど、どういう部分を意識して考えればいいんだろう…。

ブログ記事のタイトルは記事の顔と言うくらい、本当に大切な要素の1つです。

ここを間違ってしまうと、せっかく全力で書いた記事を投稿しても全く読まれないし、検索にも上がらない記事を作ることに…。

この記事では、

「ブログ記事を読者の方が読むか決める際にクリックして貰えるようなコツ9選」

検索エンジンも踏まえて理論的に紹介していきます!

この記事を読むと分かること
  • ブログ記事のタイトルの重要さ
  • 記事のタイトルを決めるコツ
  • タイトルが思いつかない時の対処法
  • どんなタイトルが読者に刺さりやすいか
ブロブ記事のタイトルをスラスラ決めれるようになって、効率よく記事を書けるようにしていきましょう!

ブログ記事のタイトルの付け方コツ9選!

ブログ記事 タイトル 付け方 コツ

ユーザーが記事リンクをクリックしたくなるようなタイトルの決め方について、コツ9選という形で紹介していきます!

この部分を見れば、どうやってユーザーに読まれるタイトルを作ることが出来るのか分かります。

思わずクリックしたくなるタイトルを作れるようにしていきましょう。

①読者が知りたい情報のキーワードを載せる

ブログ記事のタイトルにはキーワードを入れることが大切です。

想像して貰えると分かりやすいですが、

検索エンジンの前にいる読者の頭の中では、いくつかの単語が浮かんでいます。

その単語を検索エンジンに打ち込んで情報を得ようとしているわけです。

このキーワードを先読みして、ブログ記事のタイトルに入れることで、クリック数が上がってきます。

これをするためには、ペルソナを設定して、この記事の読者を予め想定しておくことが必要になります。

ペルソナとは?

仮製品やサービスのユーザー像を仮想の人物として定義したものをいう。
実際のユーザーにはさまざまな人が含まれるが、ペルソナではその中で最も重要な人物像に焦点を当てることによって、具体的なユーザー像をイメージしやすくなるメリットがある。

引用:コトバンク

②インパクトのあるタイトルにする

人とのコミュニケーションで第一印象が大切だというのは分かりますが、

ブログ記事の場合はインパクトが大切です。

タイトルを見た時に、

「なんだこれ??」

と思って貰えると、クリックして貰える確率が上がります。

インパクトを出すには、

  • 検索結果の他の記事とタイトルが被らないようにする
  • あまり使われていない言い回しをしてみる
  • 二重カッコ【】でキーワードを目立たせる
  • 「~しないと損!」みたいな感じで不安を煽ってみる

代表的な例を挙げてみましたが、これらを利用して自分なりの個性を出していくことがポイントです。

検索結果を見ていると、タイトルが似たような感じになっていることも多いと感じるので、

他の記事とはまた違った雰囲気を出せるようになるために、個性を意識してタイトルを決めれると良いですね。

③数字を使って具体的に明示する

数字を用いて、なるべく具体的にタイトルを整えるのも非常に有効です。

文字だけ羅列して合っても、想像がつかないことが多いと思うんですが、

数字を加えるとより明確に想像が出来たりするので、興味をそそられます。

この記事のタイトルにも数字を入れていますが、情報が分かりやすくなるのもメリットの1つで、

パッと見てどんな情報が載っている記事なのかがすぐに分かります。

上述したペルソナ設定をしっかりしていれば、ユーザーがタイトルを見た時にクリックして貰えやすくなりますよ。

④狙いたいキーワードは左詰め

自分が狙っているキーワードは必ずタイトルの左側に寄せておきましょう。

SEO的にキーワードは左側から認識されるので、タイトルの頭から書いていくことで順位が上がりやすくなります。

また、キーワードの順序も大切です。

狙いたいロングテールキーワードが決まったら、その形を崩さないようにしてタイトルに組み込んでいきます。

例えば、

【ツイッター インフルエンサー なり方】

というロングテールキーワードを狙う場合、

【なり方 インフルエンサー ツイッター】

のように、最初の形から崩してしまうと検索エンジンも評価しづらくなってしまいます。

⑤ユーザーが分からない単語は入れない

大多数の人に理解できないような単語をタイトルに入れるのは止めましょう。

せっかく検索してくれたユーザーが、難しいと思ってクリックしてくれなくなってしまいます。

権威のある人にしか分からない専門用語なんかは特にNGです。

一般人が検索してくれるような、誰でも知っている単語に置き換えた方がクリック率は上がります。

⑥アルファベットにはフリガナを入れる

アルファベット文字には必ずフリガナを入れて下さい。

日本人が英語のキーワードを検索する時、カタカナで検索する人は多いです。

こういった時に英語だけで書いてしまうと、これもクローラーに評価がされづらくなります。

結果的に、検索結果で記事が上位に入りづらくなってしまいますよ。

カタカナを入れておけば検索されやすいですし、パッと見てどんな記事なのか分かりやすいのでクリック率にも繋がってきます。

⑦他ブログの記事とタイトルが被らないようにする

他のブログやサイトの記事とタイトルが被ってしまうと、検索上位に入りづらくなります。

少し似てしまうことはキーワードを狙う以上は仕方ないですが、

なるべく個性を出していくことによって、他の記事との差別化に繋がるので、見て貰える可能性が上がってきます。

また、コピーだと認識されてしまうこともあるので丸パクリは絶対に止めましょう。

⑧まとめ系の記事タイトルは需要アリ

  • 【~する方法~選!】
  • 【~する方法まとめ】
  • 【~する方法 初心者向け】

こういった感じで、色んな情報をまとめた記事を作ると人気があります。

手軽にまとめて1記事で情報が知れるのは、ユーザーとしても時間短縮に繋がっていくので、

サッと読んでくれる可能性が高まります。

⑨本文と記事タイトルがズレないようにする

本文の内容と記事タイトルがズレていると、ユーザーが逃げてしまう原因になります。

また、タイトルを見て、欲しい情報があると思ってクリックしたときに、

記事の中身がズレていると、これもユーザーが逃げてしまう原因になります。

本文を書く前に見出しから設計しておくと、最後までズレない記事を書けるのでオススメですよ!

ブログ記事のタイトルが検索意図とズレるとユーザーに読まれない

ブログ記事 タイトル 付け方 ニーズ

ブログ記事のタイトルが検索ユーザーの考えとズレると、一気にクリックされなくなります。

それはどうしてなのか、検索エンジンで検索をするユーザーの心理について考えてみましょう。

普通は検索エンジンに自分が知りたい情報を打ち込むわけですが、

その知りたい情報が載っていないページが表示されてもクリックしませんよね?

その時にユーザーが欲しい情報があるかどうかを判断する材料になるのが記事のタイトルになる訳です。

特に検索からブログに流入してくる人たちは、タイトルを見て一瞬でクリックするかどうか決めています。

あなたも何か検索で調べる時に、記事のタイトルを見てすぐに判断していませんか?

検索エンジン経由だと、記事のタイトルがメディアへの入り口となっているので、入り口を魅力的にしないといけません。

あなたも検索エンジンで何か調べる時に経験がありませんか?

  • 「この記事だと知りたい情報が載ってなさそう…。」
  • 「他のキーワードで検索しなおそうっと。」
ユーザーがこの心理状態になったら、自分のメディアまで遠ざかってしまうわけです。

ブログ記事タイトルはSEO対策においても最重要

ブログ記事 タイトル SEO

ブログのタイトルはSEO対策でも一番重要と言っても過言ではありません。

なぜなら、titleタグ(h1タグ)はGoogleクローラーが、

「この記事は何の記事なのか」

を判断するのに一番参考にしている部分だからです。

タイトルにはしっかりとキーワードを意識して入れることによって、

何の記事を書いているのか明確にすることで検索上位にも上がりやすくなりますよ。

タイトルだけですべてが決まる訳では無いですが、かなり大切な部分なので狙ったキーワードを入れるようにしましょう。

キーワードを入れることでユーザーも自分の読みたいと思う記事かどうか判断できるので、

結果的にクリックされやすくなって検索順位が上がっていくような感じですね。

h1タグ以外はこの記事では紹介しませんが、

私はSEOラボの記事をよく参考にしているので、良ければこちらもご覧ください。

ブログ記事タイトルの文字数は32文字を超えると読まれない

ブログ記事 タイトル 文字数

ブログ記事タイトルの文字数“32文字以内”が原則です。

それ以上の文字数になってしまうと、検索結果に反映された時にそれ以降の文字は省かれてしまうので。

せっかくキーワードを意識してタイトルを決めたのに、それがユーザーに見られなかったら意味無いですよね?

なるべくキーワードはタイトルの前半に入れるようにして、漏れが無いように設定していきましょう。

SEO的には32文字を超えても関係無いと言われていますが、

結局ユーザーがクリックしてくれないと記事も評価して貰えなくなるので、ここはしっかり意識していきたいですね。

32文字以内に収めるコツとしては、

  • キーワードはなるべく前半に入れる
  • 文章の意味が読んで分かればOK
  • 検索上位の記事を参考にしてみる
ここら辺の意識は常に持っておきましょう。

私は求人広告を運用していることもあり、広告タイトルや広告文を作ることが多いので、

ネットで実際に検索してみることが多いです。

丸パクリはNGですが参考にする分には問題無いので、魅力的なタイトルを作るために良い部分は徹底的に真似していきましょう。

ブログ記事タイトルが思いつかない時は?

ブログ記事 タイトル 読まれない

こういった時はSNSを利用して、ユーザーのリアルタイムなニーズを調べていくと書きやすくなります。

検索結果上位に出てくる記事はそれなりに作りこまれているものがほとんどですが、

最新の情報を常に取り込んでいるわけではありません。

タイトルが思いつかない時は最新の情報に目を配ってみると、記事の本文もタイトルも個性のあるものが作れます。

私自身もタイトルが思いつかない時は沢山ありますよ。

そんな時はツイッターで検索してみて、気になる情報が無いかどうか調べています!

検索エンジンの情報とSNSの情報は鮮度が違うなと感じていて、SNSの方が圧倒的に新鮮な情報が流れていますからね。

新しい情報をなるべく取り込んでいった方が、ユーザーにマッチしやすい記事の本文やタイトルが作れます。

他にもインスタグラムやyoutubeでも良いと思います。鮮度の高い情報を使って、上手くタイトルを作っていきましょう!

ブログ記事タイトルの付け方 一般的な流れ

ブログ記事 タイトル 付け方 流れ

実際にどうやって記事タイトルを考えるのが良いのでしょうか。

流れが分からないと実際にやってみるのは難しいですよね。

コツが分かったとしても、イメージが湧かない人も多いと思うので、具体例をいくつか紹介していきたいと思います!

①まずはキーワードを選んでいく

ブログ記事を書こうと思い立ったら、まずはキーワードを選んでいきます。

自分で考えることも大切ですが、検索される記事を作るにはユーザー目線で考えないといけません。

私はキーワードを考える時には、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」を利用してキーワードの組み合わせを考えています。

検索窓に自分の書いてみたいキーワードを打ち込むと、そのキーワードに連なる組み合わせを羅列してくれます。

実際に良く検索されている組み合わせなので、それを盛り込んで記事を書くと検索エンジンにも評価されやすくなりますよ。

選ぶ際の注意点として3つあります!

  • 検索上位に企業サイトが多いものは避ける
  • 検索上位される記事を開いてみて、内容的に勝てそうだと思ったら書く
  • なるべく2語以上のキーワード組み合わせで考える
この3点を抑えておけば、検索上位に食い込む可能性が格段に上がります!

キーワードが決まったら、キーワードプランナーで検索ボリュームを確認していきます。

  • ブログ初心者は月間10~100
  • 初心者脱却を狙うなら月間100~1000
ぐらいの検索ボリュームのキーワードを狙って記事を書いてみましょう!

②選んだキーワードから記事タイトルを考える

今回は試しに、

『仕事 副業 両立』

3語のロングテールキーワードで考えてみました!

ここからは上記のコツを利用しながら、必死にタイトルを考えます。

  • 仕事と副業の両立はやっぱり大変?意識すべき5つのコツとは?
  • 仕事は副業との両立でスキルが伸びる?両立すべきメリット3選!
  • 仕事の成果は副業にも活かせる!両立する方法まとめ!
こんな感じでしょうか!

そのキーワードから検索してくれそうなユーザーを考えて、

どういった情報を求めているのか想像しながらタイトルを考えられるとベストです!

自分も第三者の目線になって考えてみて下さい。

「自分だったら検索した時に、この記事が上位表示されていたらクリックするかな?」

ここまで考えて記事タイトルを決められたら素晴らしいですね。

兎にも角にも、全ては検索ユーザーの視点に立つこと!

これが出来れば、検索上位に食い込める記事を書けるブロガーに近づけますよ。

まとめ:ブログ記事タイトルの付け方でクリックされるかどうかがほぼ決まる!

ブログ記事のタイトルの付け方はコツを掴めば余裕です!

しかし、検索上位を取る記事を書けるようになるために、タイトルを上手に作ることはもはや必須スキルです。

一番のアドバイスとしては、

「検索ユーザーの視点に立って考えること」

これに尽きますね。

キーワード選定も大切ですが、それよりもユーザーがいかに魅力的に思ってくれるかどうかです。

記事タイトルは記事の顔ですから、誰が読んでも納得できるようになタイトルが作れるように頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

大卒で食品メーカーの営業職になったものの、ブラック過ぎた為に3年足らずで転職。 今はホワイトIT企業でマーケティングの一貫としてweb広告を運用しています。 リモートワーク中なのでのんびり部屋で仕事しつつ、ゴロゴロしてるのは内緒ね← このブログでは社会人3年目で未経験転職をした体験談をベースに、20代のキャリアについて情報発信しています。 「自分の人生は自分で舵を取る!」 そんな思いをモットーに皆さんの社会人生活を応援中!