≫【20代向け】私が利用したおすすめ転職エージェント5社+αを紹介!【初めての転職活動】

読みやすいブログデザインのコツ10選!これでもう迷わない!

blog-design

見ていて読みづらいブログ記事、見た事ありませんか?

私はそういったブログだったら、自分の知りたい情報があっても、
ブラウザバックしてしまいますw

この記事を読んでいる、あなたのブログもユーザーから見たら読みづらくなっているかも?

徹底的にブログ記事を見やすくして、ユーザの求めている情報を的確に伝えていきましょう。

今回は、ブログ記事を誰が見ても読みやすくするコツ10選という事で、
まとめていきたいと思います。

まだ実施していない項目があったら、すぐに修正していきましょう!

それではどうぞ!

この記事を読むと分かること
  • ブログが読みやすくなる方法
  • ユーザーのブログ滞在率が上がる方法
  • ブログ読者の心理

 

ユーザーの検索ニーズに応える

search-needs

ユーザの求めている情報を正確に掴んで発信することが、検索ニーズに応えるという事です。

この項目が一番大切だと、私自身は感じています。

実際に自分が検索エンジンで調べ物をしている時を想像してみて下さい。

知りたいと思っていることと、検索結果に載っている情報がズレていることがありませんか?

この状態になると、ユーザーはブラウザバックしたり、
他のキーワードでまた検索をし直してしまいます。

意欲の高いユーザーが自分のブログから離れてしまうことほど、悲しいことはありません。

そうならないように、ユーザーの知りたい情報は詳細に書いていきましょう。

ペルソナを設定する

自分の書く記事はどういった人が求めているのか、具体的に考えてみて下さい。

  • どんな生活をしている人なのか
  • 年齢はいくつぐらいか
  • 全くの素人かそうでないか
  • どんな場面でその情報が必要なのか etc…

このように情報を知りたがっている人の詳細を仮定することを、

「ペルソナ設定」と言います。

ペルソナを設定することで、求められている情報に対して自分の記事がズレないようになります。

検索結果を自分でも確認してみる

キーワードに対してペルソナを設定したら、自分も検索結果を確認しましょう。

そのキーワードで検索しても、載っている情報がバラバラなことは良くあります。

そのキーワードで検索するユーザーが、本当に知りたい情報を記事にすることで、
ユーザーのブログ滞在率の向上を図れます。

どんな情報が検索エンジンに出てくるのか、自分でも把握しておくことが大切です。

 

適切な改行をする

enter-key

改行することで、シンプルに情報が見やすくなります。

【A】と【B】という例を挙げます。

【A】

私はブログを読むのが大好きです。しかし、ブログ記事を書くのは大変なので、好きではありません。どうすればその問題が解決するのか考えていますが、一向に答えが分からないんです。どうしたら良いでしょうか、ブログに詳しい知人に相談した方が良いのでしょうか?

 

【B】

私はブログを読むのが大好きです。
しかし、ブログ記事を書くのは大変なので、好きではありません。

どうすればその問題が解決するのか考えていますが、一向に答えが分からないんです。

どうしたら良いでしょうか、ブログに詳しい知人に相談した方が良いのでしょうか?

 

どちらの記事が読みやすいですか?

恐らく、【B】の記事の方が読みやすかったんじゃないでしょうか。

それは改行を適切に行って、情報を見やすくしているからです。

【A】の記事は情報が詰まって見えるので、理解しづらいんですね。

自分が読んでみて分かりづらいと思った文は、改行を適切に出来ているか確認しましょう。

改行には2種類ある

改行には2種類あるのは知っていましたか?

  1. 段落を分ける改行
  2. 段落内での改行

この改行を使い分けることで、ユーザーに読みやすい記事を作ることが出来ますよ。

基本的には1の改行を使えば問題ないです。

しかし、1つの段落で話がまとまらない時は、2の改行を使っていくのがベストですね。

 

文字装飾は3色まで

decoration

文字を装飾することは大切ですが、色の使いすぎは厳禁です。

何故なら、様々な色を使うと圧倒的に読みづらいので。

色は3色ぐらいをピックアップして、固定して使うようにしましょう。

私の場合ですが、黒赤黄の3色を中心に文章を構成しています。

  • 黒=デフォルト、メリットの強調
  • 赤=デメリットの強調
  • 黄色=「」内の言葉を強調

こんな感じで分けています。

黄色に関しては背景色に使っているので、実質2色と言っても良いかもしれません。

色の分け方に決まりはないので、ユーザーが読みやすいように考えながら設定してみましょう。

 

見出しをしっかり使う

heading

見出しを使っていないブログをたまに見かけますが、見出しは必ず使いましょう!

見出しを使うことで、情報が整理されてユーザーが読みやすい記事になってきます。

h1見出しは記事タイトルになるので自然と使いますが、
h2見出しは記事構成の軸になってくるので、設定必須です。

h3以降は、情報の追記をするにあたって必要に応じて使っていきましょう。
必ず設定した方が良いという訳ではありません。

ブログ記事はただ長い文章を書いているだけではダメで、
ユーザーのブログ定着率を上げるなら、情報整理にも力を入れないとユーザーが離れます。

見出しを上手に使って、読みやすいブログにしましょう!

見出しにはキーワードを入れる

見出しにはキーワードを入れることで、SEO対策としても有効です。

何について書いている記事か、検索エンジンがインデックスする際に、
見出しのキーワードを元に判断しています。

見出しはせっかく使っているのに、キーワードを入れないのは勿体ない!

検索上位を狙う記事じゃなければ良いですが、検索エンジンから集客しようとしている記事なら、
必ず設定してくださいね。

 

箇条書きで見やすくまとめる

bullet

箇条書きを使うことで、パッと文章を見た時に理解がすぐに出来ます。

箇条書きは「番号無しリスト」という形で、利用することが出来ます。

例えば、「社会人1年目が思いがちなこと」みたいな感じで情報をまとめるとします。

給料が低い、仕事がつまらない、上司が酷い、休みが取れない、転職したい

  • 給料が低い
  • 仕事がつまらない
  • 上司が酷い
  • 休みが取れない
  • 転職したい

どうでしょうか?

明らかに箇条書きを使った方が見やすいと思うんですよね。

項目毎に分けて紹介したい時は、積極的に使うことをオススメしています。

番号付きリストも使えるとなお良し

「番号付きリスト」というのもあり、頭に数字が降ってある箇条書きのことです。

  1. これの
  2. ことです
  3. ね!

番号付きリストを使えば、説明したいことを順番毎に並べることが出来ます。

順序通りに何か説明したいことがあれば、積極的に使うことで読みやすいデザインになりますよ。

 

BOXや吹き出しを使用する

speech-bubble

表現を強調する時に、BOXや吹き出しを使うことでユーザーに分かりやすくなりますよ。

こんな感じ!
舵取り牛
こんな感じですよー!

実際に文章に入れるとなると、htmlやcssの知識が必要になりますが、
テンプレートを導入すれば、使いたい時にすぐに使えるよう設定できます!

この記事では詳細は省きますが、外部サイトで分かりやすい記事があるので載せておきますね!

私もブログ運営の色んな場面でこのサイトを参考にしているので、
時間がある時にでもどうぞ!

⇒⇒⇒サイトのデザインならサルワカ

有料テンプレートで快適なブログへ

「プログラミング覚えるのめんどくさい…」

と感じている人は、有料テンプレートを購入するのは1つアリかと。

今すぐに読みやすいブログを作りたいという人には、いろんな面で楽になるので、
無料よりも有料テンプレートがオススメです。
SEO対策されているテンプレートも多いので!

ちなみに私はWordPressテーマ「ストーク」という有料テンプレートを導入していますが、

  1. AddQuicktagというプラグインをインストール
  2. 対応ショートコードをコピペして載せる

この2点でいつでも利用出来るようになるので、ブログ初心者でも問題なく使えますよ。

まだテンプレートを導入していない人は、是非検討してみて下さいね。

WordPress初心者が選ぶべき有料テーマは「STORK(ストーク)」で決まり!

 

画像や図解で分かりやすくする

Illustration

画像や図解を記事に挿入することで、読者に情報を分かりやすく伝えることが出来ます!

たまに文章だけズラーっと書いてあって、しかも内容が分かりづらい記事があったりしますが、
あれは非常に勿体ない!

画像を差し込んで読み疲れないようにしてあげたり、

公式サイトからの引用で図解して説得力を持たせたりすれば、

もっとリピーターが増えるのになと思ってしまいます。

自分で作ったオリジナルのブログですから、愛情持って育てていきましょう!

h2見出し直下に画像を差し込む

このブログでもちょくちょく画像を挿入していますが、適度な差し込みで集中力が上がります。

h2見出しは話題が切り替わるところなので、ここに1つ画像を挿入しておきましょう!

ブログを読んでいる人が疲れにくくなるので、ページ離脱率も減少していきますよ。

画像に関しては、フリーサイトがオススメ!

商用利用OKのサイトであれば、使っても問題ないので、
見出しの内容に適した画像を選んで見ましょう!

公式サイトからの画像を引用してみよう

「自分の知識だけでは文章にまとめられない…」

こんな時は、公式サイトから文献や表を引用してみましょう!

そうすることで情報の信頼性がアップし、読者も内容に満足してくれます。

自分の経験や知識だけでは書けないと思ったら、試してみましょう。

 

適度に文末を変えていく

文末の表現でずっと、ですます調を使ったりしていると、これも読みづらさがあります

しかも、自分の個性が出しづらいので、ブログの魅力が半減してしまいます。

なので、ここは割り切って、ですます調以外で文を締めることも大切です。

  • 強めに伝えたいときは言い切る
  • ?で疑問を投げかけてみる
  • 提案して行動を誘う

これは少し難しい技術なので、ブログ初心者の方はそこまで意識しない方が良いと思います。

文章がスラスラ書けるようになってから、徐々に修正していくのがコツです。

体言止めは使いすぎないように注意

体言止めを頻繁に使うのは止めましょう。
かえって文章が読みづらくなります。

ブログでの文章表現はですます調が基本なので、少しだけ崩しても問題ないです。

しかし、使いすぎは要点が伝わりづらくなるので、本当に強調したい部分だけに留めておきましょう。

崩しすぎてしまうのは読みづらいなーと、色んなブログを見る中で思います。

 

文は1~2行以内でまとめる

summary

文章は1~2行でまとめることで、モバイルユーザーが読みやすく分かりやすくなります。

というのも、今ではスマホでインターネットを閲覧する時代です。

モバイルでブログを表示すると、PCで見ている画面よりも確実に小さくなるんですね。

PCで見る人には良いですが、モバイルで見る人の方が圧倒的に多く、
全体の6~7割程度はいるようです。

引用:株式会社ペコプラ

そんな事実がある中で、文章はスマホ用に最適化することが大切だという事が分かるかと思います。

PCでブログを運営する人がほとんどだと思うので、
モバイルユーザーへの意識を忘れないようにしていくことが重要です。

記事投稿したら必ずスマホからもチェックする

スマホからも自分の記事をチェックしてくださいね。

PCではスムーズに見えても、スマホからだと長文ダラダラみたいなことは良くありますw

これは検索ユーザーからしたら残念に思うので、必ず修正しましょう!
PCとスマホを見比べながら、自分が読みづらいと思う所はひたすら改行していきます。

コツとしては、自分では多いと思うくらい改行することです。

1文の文字数にもよりますが、基本は見づらいと思った方が良いです。

慣れてきたら、ここら辺も意識して書けるようになりますが、
最初の内は見比べながらしっかり修正して慣れていきましょう!

 

内部外部リンクを適度に挿入する

link

ユーザーの利便性の為に、リンクを適度に挿入することでブログが更に読みやすくなっていきます。

リンクには、

  • 内部リンク→自分の記事の記事を繋ぐリンク
  • 外部リンク→他のサイトと自分のブログを繋ぐリンク

この2種類が存在しています。

どちらにも共通していることは、

「検索ユーザーのニーズに応えるための方法」

だと、私は思います。

分からない情報が出てきた時に、その情報がバッチリ載っている記事がすぐそばにあったら見ませんか?

ニーズを先回りして設置しておくことで、ユーザーにとっては有益で便利なブログだと感じて貰えます。

結果的にブログのPV数や滞在時間が伸びたりしていくので、対策しない手はありませんね!

内部リンクは関連記事を紹介する

自分で書いた記事を説明として置いておくことで、
説明が必要なユーザーはクリックしてくれます。

説明無しで分かればそれに越したことは無いですが、意外と記事を読んで出てくる悩みも多いです。

悩みを先回りして、自分が過去に書いた情報で参考になるものがあれば、
積極的に内部リンクとして、記事内に設置しましょう!

知らない内に内部リンクから記事を次々に見ていること、ありませんか?

そんなブログは設計が上手なブログなので、参考にしてみると良いですよ!

外部リンクは説明の補足に使う

外部サイトをリンクする際は、自分の説明だけでは限界があると感じた時に使いましょう。

外部サイトが貼られていると、ユーザーとしては安心感が得られるという反面、
自分のサイト以外にユーザーが逃げてしまうこともあります。

一長一短ではありますが、読んでいるユーザーの気持ちからすると、
知りたい情報がすぐそばにあることの方が重要だと思います。

少し上述していますが、公式サイトなどがあれば引用して情報の信頼性を上げることも出来ます。

書いている記事の情報に合わせて、上手くリンクを設置することが成長の秘訣ですよ。

 

読みやすいブログデザイン まとめ

読みやすいブログデザインは自分が意識しないと直らない部分です!

ブログ初心者の内は全部やろうと思っても出来ません。
出来たら、それはもう初心者レベルではないですw

なので、気が付いたところから1つずつ修正して、読みやすくなるように工夫していきましょう!

実際のところ、読みやすく工夫しているブログもあれば、そうでないブログもあって、
結構差が付く部分だと私は思っています。

ユーザーファーストの考えがないと、これから先はブログ自体が読まれなくなってしまうでしょう。

しっかり成果を出していくために、ユーザー視点で情報を届けていきたいですね。

数あるブログの中から、自分のブログを読んでくれているということに感謝していきましょう。

それでは良いブログライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

大卒で食品メーカーの営業職になったものの、ブラック過ぎた為に3年足らずで転職。 今はホワイトIT企業でマーケティングの一貫としてweb広告を運用しています。 リモートワーク中なのでのんびり部屋で仕事しつつ、ゴロゴロしてるのは内緒ね← このブログでは社会人3年目で未経験転職をした体験談をベースに、20代のキャリアについて情報発信しています。 「自分の人生は自分で舵を取る!」 そんな思いをモットーに皆さんの社会人生活を応援中!