25歳で転職は遅いのか?という問いは間違っている4つ理由【実体験含む】

25-job-changing-not-but-reason

25歳の人で、転職しようかどうか悩んでいる人は多いんじゃないでしょうか?

社会人としても、中堅社員として活躍し始めるころですからね。

今回は、

「25歳で転職するのは遅いのか否か」

について実体験含めて言及していきたいと思います。

  • 25歳前後で転職すべきかどうか
  • 年収の兼ね合いについて
  • 第二新卒が使うべき転職エージェント

迷いのない転職活動にしていきましょう!

25歳の転職が遅くない4つの理由!

25歳での転職は結論から言うと「全然アリ」です。

私自身も25歳で第二新卒・未経験という形で転職しましたが、転職して良かったと思っています。

  • 25歳前後は市場価値が高い
  • 新卒と比べて社会人経験がある
  • 未経験職は若い内でないとなれない
  • 前の会社に染まり切っていない

理由は主に4つあるので、自身の転職する目的と照らし合わせてみて下さい。

25歳前後は転職市場で価値があるから

25歳前後は市場価値が高いので、企業からの需要があります。

転職活動すると分かりますが、求人数もかなり多く紹介して貰えるでしょう。

企業から需要がかなりあるという事は、即戦力ではない求人も沢山あるということ。

今勤めている会社でそこまで大きな実績が出せていなくても、その人のポテンシャルや内容で見て貰えます。

学生時代に第1志望の会社に行けなかった人は転職活動でリベンジする人も多いですね。

社会人として経験を積んでいるから

社会人として1~3年位の経験を積んでいるのは、企業からするとありがたいわけです。

何故なら、新卒社員よりも人件費を書けずにコスパ良く採用できるので。(表現悪くてすみませんw)

社会とはなんたるかを1から教える必要が無く、簡単な研修と仕事に関してのOJTくらいで済むので、

会社からすると、かなり手間が省けるのかなと。

しかも大量採用することは大手以外は基本無いので、会社も1人当たりに時間を割けます。

そこでしっかり指導すれば、会社に馴染めるだろうと判断してもらえるんですね。

未経験の職種に就けるのは25歳前後までだから

未経験の職種に行きたいと考えている人は第二新卒で転職しましょう!

何故なら、25歳を過ぎてくると即戦力の求人が増えるからです。

となると、未経験からじっくり育てるといった内容の求人はほとんど降ってきません。

年齢の若い人に未経験の求人はドンドン回すので、応募できたらラッキーみたいな感じに。

30歳前後で未経験の職種に就くのは9割以上無理なんじゃないかと、エージェントの方と話しても思いましたね。

前職の会社の理念等に染まり切っていないから

25歳ぐらいなら、前職の会社の理念や仕事のやり方にまだ染まっていないと判断されることが多いです。

なので、転職してから新しい雰囲気に慣れるまで、そんなに時間が掛からないと思われるんですね。

考えてみて下さい、新しく採用した人が前職での地位や仕事内容を持ってくる姿を。

既存の社員からしたら、めちゃくちゃ仕事がやりづらくないですか?

そんな事態は社内の規律を乱すので、会社側もなるべく避けたいわけです。

という感じで、年齢が若ければ会社側もそれなりに通遇して面接してくれるので、内定率も少しアップしますよ。

25歳前後での転職は年収アップもしっかり狙える

25歳前後の転職でも年収アップは全然可能です!

求人の内容によって大きく変わってきますが、年収アップメインの転職も全然狙えるという事です。

  • 同職種なら年収アップは全然可能
  • 未経験職種は年収は下がる

それぞれ詳しく見ていきます。

同じ職種なら年収アップは可能

同職種なら年収アップは可能です!

例えば、同じ営業職で転職した場合、業界によって年収テーブルも殆ど決まっています。

年収の高い業界に行けば、同じ職種でも年収アップが可能です。

業界が同じでも、会社の規模や売上によっても変わってくるので、大企業に行けば上がる可能性が上がります。

また、転職エージェントを使えば、年収交渉も全て企業側とやりとりしてくれるので、更に可能性が上がりますよ。

私は未経験職種なので下がった

未経験職種の場合は基本的には年収は下がる傾向にあります。

私も未経験職種の転職だったんですが、年収が100万近く下がりましたね。

ですが、労働環境含めて仕事内容も満足いく形だったので、そこは目を瞑りました。

未経験職種に行きたい場合は年収が下がるケースが多いので、そこは気を付けて下さい。

ある程度交渉も出来ますが、未経験だとスキルが無いので交渉も難しくなってきます。

25歳前後の第二新卒が転職する際に使うべきエージェント4選!

転職するとなった場合、第二新卒であれば転職サイトよりもエージェントを使う方が良いです。

私もエージェントを使って内定を獲得しましたが、

  • 職務経歴書の添削や応募
  • 面接対策や日程調整
  • 年収交渉 etc…

これら全て代行してくれるので、仕事しながら転職活動するのであれば凄く楽になります!

4社使ってみてどれも良かったので、転職活動はエージェントを利用していきましょう!

doda(デューダ)

非公開求人は約10万社ほど常時取り揃えていて、特に第二新卒向けの求人が多くあります!

また、転職サイトとエージェントサイトが合体しているので、自分で転職活動を進めることも出来ます。

もし、エージェントを使わないとなった時でも問題なく利用することが出来ますよ!

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

リクルートエージェント

リクルートエージェントは非公開求人も最多の20万社ほど揃えています!

ベンチャーから中小企業、大企業まで本当の沢山の会社から選ぶことが出来ます!

とにかく色んな会社を見て、その中からじっくり決めたい人にオススメ!

20万社の求人から選ぶ!リクナビエージェント 

マイナビエージェント

マイナビは書類添削や面接対策に凄く力を入れています!

求人はエージェントが求職者に合ったものを、多くの会社から提案してくれますよ。

非常に親身になって転職活動をサポートしてくれるので、転職が初めての方は使いましょう!

書類から面接対策までしっかりサポート!マイナビエージェント

WORKPORT(ワークポート)

IT・web関係の求人数はトップで取り揃えています!

また、スピード感のある転職活動が売りで、早ければ1か月くらいで内定までサポートして貰えます!

とにかく早く転職活動を進めたい!という人には間違いなく合うでしょう。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら 

会社の規模やブランドで入社を決める人は本当に多い

周囲も含めて、私自身もやりたい仕事が分からなくて、会社の規模やブランドイメージで入社を決めたんです。

新卒では大手メーカーの営業職として、ルートセールスを約3年間勤めました。

仕事自体にやりがいもありましたし、収入面も悪くなかったので、正直辞めなくてもいいかなと思ってました。

東証一部上場している会社だったから世間体も良いですし、普通に勤めていれば昇給・昇格も狙える。

そんな環境をどうして自ら捨てて、新しい環境に飛び込んだのか。

それは、ブログを通して本当にやりたいことが分かったからです。

周囲を気にせずに、自分の人生だから自分の舵で生きていきたいと強く思うようになったんですよ。

やりたいことが出来てしまった以上は、今の会社では出来ないことが分かっていたので転職しました。

第二新卒でWEBマーケターに未経験で転職できたのは、ブログを続けていたからだと思いますし、

これからも継続して取り組んでいくつもりです。

ブログをやっていない人ももちろん、人生の方向転換は出来ますよ!

なので、諦めないで見つける努力をして欲しいなと思ってます!

【関連記事】第二新卒で副業としてブログを書くメリット3つを転職者向けに語る【20代向け】

やりたい仕事が明確なら転職するべき

やりたい仕事が既に明確になっていて、それが転職することで叶えられるという場合は転職すべき。

社会人の6割以上は自分のやりたい仕事が分からずに、日々の仕事に取り組んでいると言われているんです。

ということは、やりたい仕事が自分で理解出来ているのは3割程度なんですよ。

新卒で自分のやりたい仕事が分かっていて、尚且つそれが出来る環境に行ける人って本当に少ないんです。

社会人になってからも、どんな仕事が自分に向いているか分からない人が多いからこそ、

25歳でそれが分かったことは大きな前進だと思いますよ!

理解したら後は行動するだけ!

理想の仕事に就けるように心から願っています。

【関連記事】第二新卒で転職先が決まらない?今の考え方を変えるべき話【改善すれば大丈夫】

【関連記事】社会人3年目で転職活動をしたきっかけはキャリアプランが原因だった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!舵取り牛と言います! このブログでは、「人生は自分で舵を取る」ということをモットーに、 生活に役立つ情報や、実体験からブログ・仕事・マインド関係 の知識もアウトプットしています! 人生一度切りです。自分の好きなように生きていきませんか?